For the last 50 years, microparticles of plastic, called microplastics, have been used in personal care products and cosmetics (PCCP), replacing natural options


この50年の間、プラスチック(マイクロプラスチックと呼ばれている)の微粒子がパーソナルケア用品と化粧品(PCCP)で使われました。そして、自然な選択を取り替えました、

 

Nairobi, 8 June 2015 - A report released today by the UN Environment Programme (UNEP) on the occasion of World Oceans' Day recommends a precautionary approach toward microplastic management, with an eventual phase-out and ban of their use in personal care products and cosmetics (PCCP).


ナイロビ、2015年6月8日に-パーソナルケア用品と化粧品(PCCP)の彼らの使用の最終的な段階的な廃止と禁止で、世界洋の日の時に国連環境プログラム(UNEP)によって今日公表されるA報告で、マイクロプラスチック管理の方へ予防のアプローチは魅力的です。

 

The study, entitled Plastic in Cosmetics: Are We Polluting the Environment Through our Personal Care: Plastic ingredients that contribute to marine microplastic litter' is a compilation of currently available knowledge on the linkages between cosmetics and plastic pollution in the oceans.


研究(化粧品の中のプラスチックと表題をつけられる):我々は、個人の世話を通して環境を汚染しています:海のマイクロプラスチック猫砂に貢献するプラスチック成分』は、化粧品との結合と海のプラスチック汚染に関する現在利用できる知識の編集です。

 

 

For the last 50 years, microparticles of plastic, called microplastics, have been used in personal care products and cosmetics (PCCP), replacing natural options in a large number of cosmetic and personal care formulations. Washed down the drain, those particles cannot be collected for recycling, nor do they decompose in wastewater treatment facilities, inevitably ending up in the global ocean, where it fragments and remains


この50年の間、プラスチック(マイクロプラスチックと呼ばれている)の微粒子がパーソナルケア用品と化粧品(PCCP)で使われました。そして、多数の表面的で個人の世話製剤において自然な選択を取り替えました。排水管の下で洗われて、それらの小片はリサイクルのために集められることができませんし、それが割れて、残る所で、彼らは、必然的に世界的な海で終わって、廃水処置施設で分解しません

More than 299 million tonnes of plastic was produced worldwide in 2013 some of which made its way to our oceans, costing approximately US$13 billion per year in environmental damage to marine ecosystems. Once in the ocean, plastic does not go away: it fragments, eventually breaking down into smaller pieces known as secondary microplastics.


2億9900万トン以上のプラスチックは少しどちらが我々の海に儲かったかという2013年に世界中で生産されました。そして、海の生態系に環境破壊の1年につきおよそ130億米ドルがかかりました。一度海で、プラスチックは去りません:それは割れます。そして、結局、第二のマイクロプラスチックとして知られているより小さな部分に分解されます。

 

As society has developed new uses for plastic, the variety and quantity of plastic items found in the environment, has increased dramatically. Microbeads and other plastic ingredients are present in products ranging from toothpaste and shower gel to eye shadows and nail polish. Their proportions vary in different products, from less than 1 per cent to more than 90 per cent of the content. In a typical shower gel analyzed in laboratory, there was roughly as much plastic material in the gel itself as in its packaging.


社会がプラスチックの新しい用途を開発して、環境で見つかるプラスチック・アイテムの多様性と量は劇的に増加しました。マイクロビーズと他のプラスチック成分は、歯みがきとシャワー・ジェルからアイシャドーとマニキュアにわたっている製品に存在します。内容の1パーセント未満から90パーセント以上まで、彼らの規模は、異なる製品で異なります。研究所で分析される典型的シャワー・ジェルにおいて、その包装でとざっと同じくらいプラスチック材料が、ジェル自体の中にありました。

 

A total amount of 4,360 tonnes of microplastic beads was used in 2012 across all European Union countries plus Norway and Switzerland according to a survey by Cosmetics Europe, focusing on the use of microplastic beads, with polyethylene beads representing 93% of the total amount equaling 4,037 tonnes.
4,360トンのマイクロプラスチック・ビードの合計が、合計の93%が4,037トンに等しくなっていることを表しているポリエチレン・ビーズで、マイクロプラスチック・ビードの使用に集中して、化粧品ヨーロッパによって、調査によってノルウェーとスイスをプラスしてすべての欧州連合国の全域で2012年に使われました。

 

Knowledge is emerging about the ubiquitous occurrence of microplastics throughout the world's marine environment and their potential for secondary health impacts via the food chain, including to humans who consume seafood. This, coupled with emerging knowledge about the toxic effects such particles have on biological organisms, including mammals, has led to concern and actions to monitor and reduce microplastics emissions.


知識は、食物連鎖(シーフードを消費する人間にを含む)を通して、第二の健康影響のための世界の海の環境と彼らの可能性を通してマイクロプラスチックの遍在する発生について出てきています。これ(そのような小片には哺乳類を含む生物学的生物の上にある毒性作用についての新生の知識と結びつく)は、モニターして、マイクロプラスチック排出を減らすために、懸念と行動に至りました。

 

In June, 2014, representatives of more than 150 countries, gathered for the first-ever United Nations Environment Assembly (UNEA), adopted a resolution on marine plastic debris and microplastics, noting with concern the impacts of such materials on the marine environment, fisheries, tourism and development and calling for strengthened action, in particular by addressing such materials at the source.


2014年6月に、150カ国以上(初めての国連環境議会(UNEA)のために集められる)の典型は、源でそのような材料に宛名を書くことによって、懸念でそのような資料の海の環境への影響、漁場、観光旅行と発展に注意して、強化された行動を要求して、海のプラスチック破片とマイクロプラスチックの上で特に決心を採用しました。

 

The resolution tasked the United Nations Environment Programme (UNEP) to conduct a worldwide study on microplastic debris in the marine environment, as well as to continue the work toward source reduction and mitigation of their impacts globally.


決議は、海の環境でマイクロプラスチック破片の世界的な研究を実行して、ならびにグローバルにソース縮小と彼らの影響の緩和の方へ仕事を続ける国連環境計画(UNEP)に仕事を課しました。

The report launched today makes several recommendations for producers and consumers, as well as for researchers and policymakers. It calls for a voluntary phase-out of microplastics by the industry precipitated by consumers' decisions not to buy products containing microbeads. Given the associated potential risks of microplastics, the report recommends a precautionary approach toward microplastic management, with the eventual phase-out and ban in PCCPs.


今日開始されるレポートは、製作者と消費者のための、ならびに研究者と政策担当者のためのいくつかの推奨をします。それは、マイクロビーズを含んでいる製品を買わないという消費者の決定によって引き起こされる産業によって、マイクロプラスチックの自発的な段階的な廃止を要求します。マイクロプラスチックの関連する潜在的危険性があれば、最終的な段階的な廃止と禁止がPCCPsにあって、レポートでマイクロプラスチック管理の方へ予防のアプローチは魅力的です。

 

Introduction of legislation banning or phasing-out microplastics in PCCPs has already started and is expected to continue in the future. The state of Illinois is leading the way in the U.S. by banning all microplastics in PCCPs by 2019. California and New York are among other U.S. states that are pursuing similar measures and the European Commission has highlighted marine microplastics pollution as a priority area of concern. The Netherlands, Austria, Luxembourg, Belgium and Sweden have issued a joint call to ban the microplastics used in personal care products, saying the measure will protect marine ecosystems - and seafood such as mussels - from contamination.


法律禁止することの導入またはPCCPsのフェージング・アウト・マイクロプラスチックは、すでに始まって、将来続けることになっています。イリノイ州は、2019年までにPCCPsですべてのマイクロプラスチックを禁止することによって、米国で先導しています。カリフォルニアとニューヨークは類似した案を続行している他の米州の内の一つです、そして、欧州委員会は懸念のプライオリティー領域として海のマイクロプラスチック汚染をハイライトしました。オランダ、オーストリア、ルクセンブルク、ベルギーとスウェーデンはパーソナルケア用品で使われるマイクロプラスチックを禁止するという共同の要求を出しました。そして、処置が海の生態系 ― そして、カラスガイのようなシーフード ― を汚染から保護すると言いました。

 

This publication was prepared under the framework of the Global Partnership on Marine Litter (GPML), hosted by the Global Programme of Action for the Protection of the Marine Environment from Land-based Activities (UNEP/GPA).
この出版は海兵隊員のゴミ(GPML)の上でグローバル・パートナーシップのフレームワークの下で準備されました。そして、地上活動(UNEP/GPA)から海兵隊員の環境の保護のために行動の世界的なプログラムによって主催されました。

 

Through the GPML and other relevant initiatives, UNEP is committed to working with all stakeholders to reduce the influx of waste into the ocean and to prevent waste from getting into the environment in general. Tackling the marine litter issue will require companies to work in partnership with all other stakeholders. This includes collaborating with governments to develop effective legislation and waste management infrastructure, especially in developing countries.


GPMLと他の関連したイニシアティブを通して、UNEPは、無駄の海への流入を減らして、無駄が大方の環境になるのを防ぐためにすべての投資家とうまくいくことを約束します。海のゴミ問題に取り組むことは、他の全ての投資家と協力して働くことを会社に要求します。特に発展途上国で、これは、効果的法律を開発して、管理インフラストラクチャーを浪費するために政府と協力することを含みます。

 

For more information, contact:
詳細な情報(接触)のために:

Global Partnership on Marine Litter, Global Programme of Action for the Protection of the Marine Environment from Land-Based Activities, gpml@unep.org
海兵隊員のゴミ、地上活動からの海兵隊員の環境の保護のための行動の世界的なプログラム、gpml@unep.orgの上のグローバル・パートナーシップ

 

UNEP Newsdesk, unepnewsdesk@unep.org
UNEPニュースデスク、unepnewsdesk@unep.org

About the Global Partnership on Marine Litter:
海のゴミのグローバル・パートナーシップについて:

 

The Global Partnership on Marine Litter (GPML) launched during the United Nations Conference on Sustainable Development , Rio + 20 in June 2012, is a voluntary open-ended partnership for international agencies, Governments, businesses, academia, local authorities, nongovernmental organizations and individuals. It is hosted by the Global Programme of Action for the Protection of the Marine Environment from Land-Based Activities and aims to gather partners together to work on further reducing and better managing marine litter.


持続可能な発展(2012年6月のリオ+ 20)に関して国連会議の間に開始される海兵隊員のゴミ(GPML)のグローバル・パートナーシップは、国際的機関、政府、企業、学界、地方自治体、民間の組織と個人のための自発的な制限のない協力です。地上活動と狙いからの海兵隊員の環境の保護が海のゴミを減らして、よりよく管理してさらに働き続けるためにパートナーを集めることは、行動の世界的なプログラムによって主催されます。